法律科目は出題割合順に学習する

行政書士試験の出題は、行政法が最も多く、次に民法が多く、それに憲法などが続く形になります。実際に、法律的リテラシーを身につける場合であれば憲法が最も重要な気はしますが、行政書士試験では行政法の出題が多いのです。それは、行政書士の役割が役所の許可などを得る代行業であるから導かれるわけですが、試験対策は出題順にすべきだといえます。そのため、行政法をまず学び、次に…

Read More

エビングハウスの忘却曲線を利用した復習法

司法書士は、一般的に記憶の力が試される資格だと言われていますが、一部正しいといえます。ただ、記憶一辺倒ではなく、理解に基づき体系的な記憶を図ることが重要です。ただ、記憶したことを忘れてしまうと、理解という木の幹を記憶という枝葉が上手く飾れないことにもなり、知識が生かせません。そこで、エビングハウスの忘却曲線を用いた復習法を紹介します。忘却曲線とは、一定時間経…

Read More

人によって異なる最適な勉強のやり方

資格を持っていれば就職や転職をする際に評価される可能性がありますし、勤務している会社で昇給や昇格の対象になる場合もあるので、取得するために積極的に行動することが大事です。また、資格にプラスして実務の経験が豊富になれば、会社に勤務するだけではなく、独立の道も模索できるようになるでしょう。資格を取るためには勉強する必要はありますが、人によって最適なやり方は異なっ…

Read More

科目別合格を有効利用する

税理士試験に合格して、有資格者と認められるには、5科目の合格が必要になります。その5科目とは、簿記論と財務諸表論の必須科目と2科目中最低1科目選択すべき所得税法と法人税法の選択必須科目、そしてその他の選択科目の全9科目のうちの5科目です。それらの科目は、科目別に合格することができる点で、サラリーマンなどの忙しい受験生は科目別合格という手段を使えます。例えば、…

Read More

宅地建物取引士はどんな資格か

宅建とは宅地建物取引士の略称で国家資格にあたります。宅建の内容は大きく分けて4つあって権利関係、宅建業法、法令上の制限、税その他です。不動産関係だけでなく、金融関係の業界でも活かせる資格なので取得する事で大きなメリットがあります。特に不動産業者では事業所に従事する従業員のうち5人に1人は宅建の取得者をおかないといけません。不動産業者は一定数の取得者を確保しな…

Read More

資格って必要なのかな・・・。

この就職難の時代、少しでもいい仕事を手にするために、資格を取っておこうかなと考える人も多いのではないでしょうか。インターネットを見ても資格スクールの宣伝、広告がたくさんありますよね。芸能人が資格取得にチャレンジしている姿を見て、自分も何か取っておこうかなと思う人もいるかもしれません。確かに、その資格を持っていないと就けない職業もありますから、資格はあるに越し…

Read More

会社を経営するのを想像しながら勉強する

会社にはいろいろな業種があります。商品を仕入れて販売する会社もあれば、材料を仕入れて製品を作って販売をする会社、その他サービスを提供する会社もあります。それらの会社の取引を記録するのが経理部の仕事で、その時に使う技術が簿記になります。商業簿記では主に仕入れて販売をする会社の簿記が学べますが、その他の会社でも通用する内容が身につきます。工業簿記では、製造業にお…

Read More

近隣住民とのトラブルの仲介役

住宅に関するトラブルはさまざまな物がありますが、その中でも比較的多いのが近隣住民とのトラブルです。主な例として隣人宅に植えてある植物の成長による敷地内の侵害や、騒音問題などが挙げられます。 こういった民事トラブルは警察が介入することができないため泣き寝入りしてしまう人も少なくありません。そういった時は弁護士への相談がおすすめです。弁護士に依頼をすることで双方…

Read More

突然明日から来なくていいといわれた時

会社と雇用契約を結ぶとき、契約社員は契約期間を定めます。一方、正社員は期間を定めません。ですから、一旦雇用契約が成立するとそれ以降は解雇事由に該当しないと会社の方から契約の解除はできません。労働者の方からは比較的自由にできます。もし明日から来なくていいと言われたらどうすればよいかです。これをそのまま受け取れば労働契約の解除です。解雇をするには解雇事由が無けれ…

Read More